あなたが聞くべきではない音楽産業に関する4つの質問

Written by on 2016年5月27日

1つ以上の音楽キャリアの神話を信じているので、あなたはすでに音楽業界で成功する可能性を台無しにしている可能性があります。どのように私は知っていますか?私は数多くのミュージシャン(不正解の質問に対する答えを求めている)によって絶え間なく電子メールを送信しています。これらは、トップレベルでは良い質問のように思えるかもしれない質問ですが、実際には彼らの音楽的夢から遠く離れている、非常に有害な質問です。

音楽をできるだけ早く成功させるためには、答えを求める必要がない質問を知り、より質の高い質問をする方法を理解する必要があります。あなたの音楽業界の目標。

これはプロのミュージシャンとして成功するキャリアを構築するために尋ねるべきではない4つの最悪の音楽キャリアに関する質問です。

悪い音楽キャリア質問#1:私は ‘飢えたアーティストになる必要がありますか?

多くの人々は、プロのミュージシャンとして生きていくことは、次の2つのうちの1つを意味すると信じています:あなたはそれを作って世界を巡って何百万枚ものアルバムを売るか、あなたは飢えたアーティストになり、ちょうど乗っ取るために愚かなバーや通りのコーナー。この音楽ビジネスの神話は、音楽とは無関係のフルタイムの仕事を得る必要があると信じさせたり、音楽業界に参入しようとするのを恐れたりすることによって、サボタージュの人々のキャリアをスタートから切り離します。

事実、音楽ビジネスは大きな中産階級で構成されており、生計を立てるには無数の方法があります。あなたは、音楽業界で良い生活をするのと、外の分野で成功を収めることがいかに簡単かに驚くでしょう。しかし、たくさんのお金を稼ぐ前に、質の低い質問をしなくてはなりません。飢えたアーティストになることを心配しなくて、ミュージシャンとしてお金を稼ぐことができるさまざまな方法を想像してみましょう。

あなたが音楽ビジネスで仕事をしているときに、通常の仕事のように1つの給料から次の給料に生きることを余儀なくされることはありません。その代わり、複数の収入源を同時に獲得することは常に可能です。これは、プロのミュージシャンになることは、より安定したキャリアの選択をする必要はありませんので、1つだけの収入源に依存しています。ミュージシャンが音楽でお金を稼ぐこと(アルバム/ダウンロードの販売、ライブショーの演奏、セッションミュージシャンとしてのレコーディング)を模索する明白な方法に加えて、音楽関連の収入をすばやく引き上げることができるのは、

音楽教育ビジネスの成長を開始する。毎週フルタイムの時間帯よりはるかに少ない時間で働いている間に、これは即座に複数の収入源(学生)をあなたのために生成します。

上記のように多くの音楽収入源を構築すると、毎年あなたの音楽キャリアで$ 100k以上の収入を得ることは非常に可能です(これはあなたが思っているほど困難ではありません)(私はこれを知っています。それ)。

悪い音楽キャリアの質問#2:録音契約を取得するには?

なぜこれが良い質問ではないのかを理解するためには、「誰かがあなたに録音契約をしなければならないのですか?もしあなたが良い音楽を書いていると思ったら…もう一度やり直してください。これは誰かが録音契約に署名するのに十分な理由ではありません。あなたは良い音楽を書くことができますから、誰もあなたに何千ドルも投資するつもりはありません。これは投資の危険性があまりにも高すぎます(それは意味をなさないほどです)。あなたが200,000ドルを節約したとしたら、カジノに行き、ルーレットの一回転のためにそれをすべてラインに入れますか?または、あなたは、あなたが(もっと小さなレベルで)さらに獲得するのを手伝ってくれることが証明された人にそれを投資しますか?間違いなく、あなたは賢明な選択肢を作り、より多くのお金を稼ぐのに役立つ人にそれを投資するでしょう。これがレコーディング・ラベルの考え方です。だから、レコーディング契約にどのように署名することができ、どのレーベルもすぐに貴重なものと見える「賢明な投資」に変わってしまうのではないかと思うのをやめてください。これには偉大な音楽を書くこと、楽器をうまく演奏すること、またはFacebookページを持つこと以上のものが必要です。

レコード会社に貴重な投資をするために取るべき行動は次のとおりです。

音楽業界が音楽業界で何を求めているのかを理解する。

あなたの音楽キャリアを構築するために毎日働きます。レコード会社は、彼らがあなたと仕事を始める前に良い実績があることを知りたいと思っています。独立したミュージシャンとしての仕事が増えるほど、レコード会社の利益を得る可能性が高くなります。

3.すでに音楽業界で大きな成果を挙げている成功したメンターから音楽業界の訓練を受け、他の人が録音契約に署名するのを手伝ってください。

一度あなた自身の音楽キャリアを開発し始めると、あなたは光のビーコンのようになり、レコード会社はあなたを探しに来ます!

悪い音楽のキャリアの質問#3:どのように私の音楽を取得することができます ‘モルで聞いた


Reader's opinions
  1. Commenter 382   On   2016年5月21日 at 5:19 PM

    lor, ac consectetur diam ante at nibh. Proin erat lectus, vehicula id, consequat quis, semper ac, felis. Sed in lectus. Duis nec massa. Nullam augue. Duis dolor felis, porta et, molestie vitae, imperdiet eget, purus. Mauris iaculis. In cursus, neque eu sollicitudin ullamcorper, odio mauris tempus odio, id tincidunt metus leo vel ipsum. Quisque suscipit. Class aptent taciti sociosqu ad litora torquent per conubia nostra, per inceptos himenaeos. Nullam sed libero. Nunc sollicitudin diam ac dui. Nunc faucibus auctor tortor. Quisque ipsum sem, hendrerit accumsan, congue ut, portti

  2. Commenter 384   On   2016年5月21日 at 5:19 PM

    non, lacus. Fusce aliquam, turpis quis varius blandit, purus elit sollicitudin leo, vitae posuere odio odio id dui. Fusce adipiscing. Maecenas a enim eu sem accumsan laoreet. Donec sem eros, egestas ornare, fermentum quis, malesuada sed, risus. Sed eleifend faucibus magna. Fusce malesuada ante eget massa. Donec consectetur dolor vitae erat. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Maecenas elit risus, pellentesque sed, imperdiet quis, pulvinar in, odio.

    Duis nulla diam, fringilla at, feug

  3. Commenter 385   On   2016年5月21日 at 5:19 PM

    sit amet est. Curabitur augue. Sed nec magna vel est auctor porttitor. Integer at lorem. Sed et turpis nec lorem consectetur volutpat. Donec vestibulum cursus mauris. Nullam blandit urna quis nibh. Proin sollicitudin elementum tellus. Suspendisse mauris enim, ultricies ut, rhoncus non, sodales at, arcu.

    Nam eu tortor. Nam venenatis congue nibh. Donec posuere lacinia neque. Pellentesque vehicula. Nam eleifend ipsum. Vestibulum lectus diam, viverra vitae, tempor sit amet, eleifend eu, quam. Aenean aliquam ornare tellus. Donec vel ligula ut mauris pellentesque mattis. In neque leo, porta non, rutrum vel, sollicitudin a, libero. Pellentesque ornare mauris id odio. Aliquam erat volutpat. Aenean eget ant

  4. Commenter 386   On   2016年5月21日 at 5:19 PM

    vel, sollicitudin a, libero. Pellentesque ornare mauris id odio. Aliquam erat volutpat. Aenean eget ante eget nunc feugiat lacinia. Duis ullamcorper consequat risus. Nunc at magna.

    Aliquam in elit vitae dui gravida venenatis. Cum sociis natoque penatibus

  5. Commenter 387   On   2016年5月21日 at 5:19 PM

    blandit ligula vitae justo. Quisque rutrum ante ac nisi. Sed at mi. Donec eget odio in est tempus malesuada. Donec sem. Donec tortor. In auctor purus a lectus. Nulla a leo. Curabitur velit. In et lorem. Quisque congue, lorem sed cursus ullamcorper, mauris urna adipiscing enim, eget pulvinar est lacus ut augue.

    Aliquam erat volutpat. Proin scelerisque lectus non purus. Donec quis tellus. Vestibulum dictum imperdiet lacus. Integer magna libero, feugiat id, tincidunt eu, venenatis vel, mi. Cras mi. Vestibulum est. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas. Sed ut magna quis felis congue commodo. Fusce dictum hendrerit dolor. Donec commodo euismod dolor. Curabitur nibh. Vestibulum ut risus. In

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


06AMイビサ

Underground radio

Current track
TITLE
ARTIST