あなたの音楽をライセンスする方法

Written by on 2016年5月21日

音楽は文明の大きな部分です。世紀は過ぎ去ったものの、音楽は生き残り、さらに10年ごとに高まりました。実際のところ、音楽の需要は過去10年間で着実に増加しており、近い将来その方法が続くだろう。それは、音楽業界が現在毎年増えている大量の収入に伴います。人々は常に角を回って次の偉大な芸術家を見つめ、こうして音楽のサイクルと関連性を継続するのは止まらない力です。音楽コンテンツの需要は常に高まっています。世紀に入ってからの世界の音楽収入は安定しています。通貨は何十億という単位で測定されます。

技術が向上するにつれて、音楽はより技術的、複雑、そして需要が増しました。他の人は、自分が所有していない音楽を使うことに賞賛します。今日、独立したミュージシャンは法的な目的のために自分の仕事を保護することをよく承知しています。音楽ライセンスを通じて、法的に保護されているアセット/ワークを確実に保護することができます。

音楽ライセンスとは何ですか?音楽のライセンスは、著作権で保護された音楽に使用されるライセンスです。これにより、音楽の所有者は元の作品の著作権を保持することができます。また、他の人が音楽を使用している場合には、音楽の所有者に報酬を支払うことが保証されます。音楽ライセンス会社は、別途契約なしに作品を使用する権利が制限されています。音楽ライセンスでは、音楽、作曲、ソングライティングの形式でライセンスを取得することができます。

音楽ライセンシングの過程では、関係するグループによって議論される用語があります。あなたが独立したミュージシャンであれば、あなたはライセンサーです。あなたは作成された音楽の責任者です。したがって、あなたはライセンスされた作品の著作権者です。ライセンシーは、他の業界にあなたの作品を配布する音楽ライセンシング会社となります。彼らはあなたの音楽がライブパフォーマンス、テレビ番組、広告、キャンペーン、ビデオゲームなどに含まれている場合は、それらをあなたに送り返すようにロイヤルティ料金を徴収します。

音楽ライセンスには、独占契約と非独占的契約という2種類の契約があります。独占契約とは、お客様の作品を単独の音楽ライセンシング会社に限定してライセンス供与することを意味します。あなたの仕事を配布し販売する権限を持つ会社は1社だけです。あなたの曲やアルバムとの独占契約を締結した場合、同じ音楽コンテンツを使用することはできず、他の音楽ライセンシング会社の署名を得ることはできません。この契約は、ライセンサーとライセンシーに排他的かつ機密です。

非独占契約は、第三者があなたの作品を配布することを可能にし、ライセンサーが音楽を他の音楽ライセンス会社またはライセンシーに販売することを禁止するものではありません。独立したミュージシャンは、同じ音楽コンテンツを使用する複数の企業に対して非独占的契約を結ぶことができます。非独占的な契約は、一般に、個人の仕事が人気を得る前に制限契約に縛られないようにするために使用されます。このタイプの契約は、より多くの視聴者に音楽を提供する過程で音楽芸術家がそれぞれのキャリアの初期段階で活用されるのを防ぐために設計されています。

使用された音楽コンテンツを直接支払いする場合もある。これは同期料金と呼ばれます。同期料金は、著作権で保護された音楽の所有者が、広告、映画、テレビ番組、映画予告編、ビデオゲームなどの視覚メディアと音楽を同期させるために付与されたライセンスです。たとえば、ビデオプロデューサーは非常に必要です特定のプロジェクトの音楽コンテンツの一部であり、限られた時間内に音楽コンテンツを見つけることができます。

この場合、アーティストと音楽ライセンシング会社は、原作の可能性のために直接連絡を取り、関連する先払いを交渉するでしょう。同期料金は、数ドルから数百ドルから数千に及ぶことがあります。支払いは通常、会社がどれだけ大きくて確立されているかによって決まります。それがよく知られている会社の場合、同期料金が高騰する可能性があります。

私たちは、今日、企業がいつも音楽を高く評価していることを理解する必要があります。さまざまな業界で発生した流入と収入は数十億ドルの価値があり、音楽のライセンスを受けた音楽芸術家はそのお金の大きな部分を占めます。音楽の内容は非常に重要です。すべての企業で、視覚的および音声的なコンテンツが必要です。あなたは、音楽コンテンツを持たずに広告、ショー、映画をすることはできません。

音楽ライセンスは、使用される資産の補償をもたらします。これはロイヤリティ料金と呼ばれます。ロイヤルティ料金は、著作権で保護された資産を継続的に使用するために、一方の当事者が別の当事者から収集した支払いです。あなたの作品がライブ公演に出演している場合は、補償を受けることができます。あなたの音楽をライブで使用するたびに、あなたの作品の著作権を所有しているため、あなたは補償を受けます。

作曲家、作家、出版者協会(ASCAP)は、ライセンス料の9億4100万ドル以上を集め、8億2770万ドルをroに分配した


Reader's opinions
  1. Commenter 360   On   2016年5月21日 at 5:19 PM

    justo leo rutrum dui, et dapibus ipsum nulla sit amet est. Curabitur augue. Sed nec magna vel est auctor porttitor. Integer at lorem. Sed et turpis nec lorem consectetur volutpat. Donec vestibulum cursus mauris. Nullam blandit urna quis nibh. Proin sollicitudin elementum tellus. Suspendisse mauris enim, ultricies ut, rhoncus non, sodales at, arcu.

    Nam eu tortor. Nam venenatis congue nibh. Donec posuere lacinia neque. Pellentesque vehicula. Nam eleifend ipsum. Vestibulum lectus diam, viverra vitae, tempor sit amet, eleifend eu, quam. Aenean aliquam ornare tellus. Donec vel ligula ut mauris pellentesque mattis. In neque leo, porta non, rutrum vel, sollicitudin a, libero. Pellentesque ornare mauris id odio. Aliquam erat volutpat. Aenean eget ante eget nunc feugiat lacinia. Duis ullamcorper consequat risus. Nunc at magna.

    Aliquam in elit vitae dui gravida venenatis. Cum sociis natoque penatibus et magnis dis

  2. Commenter 361   On   2016年5月21日 at 5:19 PM

    ellentesque lacus. Suspendisse urna orci, rutrum a, placerat a, suscipit a, est. Aliquam ac odio. Fusce arcu lorem, sodales et, condimentum ultrices, fringilla ut, tellus. Quisque velit justo, molestie ac, imperdiet et, vulputate semper, dolor. Phasellus laoreet, sapien in molestie gravida, velit quam consequat enim, sit amet malesuada arcu justo vitae turpis. Aliquam orci lorem, ornare ut, congue nec, bibendum at, erat. Donec vitae nisl id risus euismod viverra. Pellentesque eleifend risus sit amet diam. Mauris pharetra ornare tellus. Pellentesque ante elit, vestibulum eget, laoreet dictum, pulvinar vitae, velit. Mauris vel augue quis enim ornare imperdiet.

    Phasellus sed tellus eget lacus molestie laoreet. Phasellus commodo euismod mauris. Sed facilisis nulla a est. Proin sit amet lectus. Morbi suscipit libero a nisl. Sed quam ipsum, ullamc

  3. Commenter 363   On   2016年5月21日 at 5:19 PM

    or. Mauris nisl eros, dapibus et, tristique eget, dignissim non, lacus. Fusce aliquam, turpis quis varius blandit, purus elit sollicitudin leo, vitae posuere odio odio id dui. Fusce adipiscing. Maecenas a enim eu sem accumsan laoreet. Donec sem eros, egestas ornare, fermentum quis, malesuada sed, risus. Sed eleifend faucibus magna. Fusce malesuada ante eget massa. Donec consectetur dolor vitae erat. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Maecenas elit risus, pellentesque sed, imperdiet quis, pulvinar in, odio.

    Duis nulla diam, fringilla at, feugiat et, tincidunt consectetur, magna. Duis id est ac neque mollis ullamcorper. Nulla quis urna. Ut vitae nisi sit amet lectus blandit ultrices. Vestibulum ante ipsum primis in faucibus orci luctus et ultrices posuere cubilia Curae; Phasellus consectetur nunc at sapien. Ut

  4. Commenter 364   On   2016年5月21日 at 5:19 PM

    et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Aliquam bibendum risus id nunc. Nullam tempus molestie eros. Maecenas molestie pharetra augue. In sagittis enim vitae libero. Praesent feugiat blandit lacus. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Maecenas erat lacus, sollicitudin placerat, facilisis nec, tempor nec, elit. Pellentesque iaculis urna ut leo mattis sagittis. Cras urna. Vestibulum malesuada orci eget leo.

    Etiam egestas auctor sapien. Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Praesent feugiat. Donec vehicula, dui nec adipiscing ultricies, lorem urna eleifend arcu, eu congue libero lectus ac lacus. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Praesent pulvinar pelle

  5. Commenter 365   On   2016年5月21日 at 5:19 PM

    vel, mi. Cras mi. Vestibulum est. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas. Sed ut magna quis felis congue commodo. Fusce dictum hendrerit dolor. Don

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


06AMイビサ

Underground radio

Current track
TITLE
ARTIST