ファッションウィークの光と音楽の犠牲者のロサンゼルス

Written by on 2016年5月18日

他の音楽と同様に、ジャズは革命を起こしています。インフラにおける突然の事件。前例のない音の破壊的な存在。しかし、それよりも遅いのですが、新しい語彙が必要と思われる前に、何年もかけて増え続けています。これは、ウィンターロックフェストを見るための1つの方法です。彼の最新の化身は、先週のニューヨーク市のダウンタウンに十数箇所の会場を占めていました。安定した成長の10年半で、業界関係者向けの1泊ショーケースは、街の文化的なカレンダーのほぼ一週間のランドマークになっています。

規範から逸脱することなく、進歩は不可能です。

冬のRockfestの展開は多少の後味を変えました。今年の地理的分布が今年の激しい地域では、広大な地域に広がっていますが、そのモデルは変わりません。 1つの一般的な周辺で聞いた。金曜日と土曜日の夜に開催される2日間のパフォーマンスのマラソンであるフェスティバルのイベントで特に顕著です。他の350奇妙な日のためにリビングジャズフェスティバルと呼ばれることがある都市では、過負荷によりこの特定のルンペン集約がイベントになります。

不明瞭な、確立された、根元と分岐の支店、ウィンターロックフェストは、大きな注目を集めています。その大きなテントを表現するために、いくつかの定期的なフェスティバル参加者に、マラソンから1つのパフォーマンスを選んでもらうよう依頼しました。彼らはローミング写真家John Rogersによって撮影されたさらに多くの公演の写真を伴います。今年のフェスティバルで取り入れたのは以下の通りです。


Reader's opinions
  1. Commenter 280   On   2016年5月21日 at 5:19 PM

    s consequat nunc. In nec lectus. Aliquam erat volutpat. Ut vel odio. Quisque lacus. Etiam consectetur rutrum justo.

    Duis facilisis. Aliquam sagittis. Proin consectetur egestas metus. Curabitur pellentesque posuere arcu. Integer lorem nu

  2. Commenter 281   On   2016年5月21日 at 5:19 PM

    t. Aliquam ac odio. Fusce arcu lorem, sodales et, condimentum ultrices, fringilla ut, tellus. Quisque velit justo, molestie ac, imperdiet et, vulputate semper, dolor. Phasellus laoreet, sapien in molestie gravida, velit quam consequat enim, sit amet malesuada arcu justo vitae turpis. Aliquam orci lorem, ornare ut, congue nec, bibendum at, erat. Donec vitae nisl id risus euismod viverra. Pellentesque eleifend risus sit amet diam. Mauris pharetra ornare tellus. Pellentesque ante elit, vestibulum eget, laoreet dictum, pulvinar vitae, velit. Mauris vel augue quis enim ornare imperdiet.

    Phasellus sed tellus eget lacus molestie laoreet. Phasellus commodo euismod mauris. Sed facilisis nulla a est. Proin sit amet lectus. Morbi suscipit libero a nisl. Sed quam ipsum, ullamcorper non, congue vitae, ornare non, nisl. Nunc ultrices. Aliquam imperdiet velit sit amet nulla. Sed a n

  3. Commenter 283   On   2016年5月21日 at 5:19 PM

    am. Mauris pharetra ornare tellus. Pellentesque ante elit, vestibulum eget, laoreet dictum, pulvinar vitae, velit. Mauris vel augue quis enim ornare imperdiet.

    Phasellus sed tellus eget lacus molestie laoreet. Phasellus commodo euismod mauris. Sed facilisis nulla a est. Proin sit amet lectus. Morbi suscipit libero a nisl. Sed quam ipsum, ullamcorper non, congue vitae, ornare non, nisl. Nunc ultrices. Aliquam imperdiet velit sit amet nulla. Sed a neque. Fusce tempus tortor ut diam. Quisque sagittis lacus eget velit. Quisque augue magna, commodo in, molestie nec, convallis at, tortor. Etiam blandit ultrices tortor. Aliquam nisi risus, lobortis vitae, elementum pulvinar, viverra vel, dolor. Donec metus urna, faucibus aliquet, egestas in, adipiscing sit amet, risus. Vestibulum ante ipsum primis in fauci

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


06AMイビサ

Underground radio

Current track
TITLE
ARTIST